2006年10月30日

熱い語らい

昨日は、雨の為練習は中止となりました。やる気満々だったのですが...

朝、中止の連絡があった後、子供が「久しぶりに皆で出掛けたい」というので近くの植物園に行きました。
野球チームに入る前は、こうした家族でのお出かけもよくしていたのですが、最近は休みの日は野球の試合などがあるのであまり行く機会がなく、家族皆が一緒に出かけるのが好きなので良かったです。
私自身も休みの日は極力練習に参加していて、ちょっと疲れ気味でしたので、いい休養になりました。

子供も最近は野球漬けになっていて(色んな意味で)「これでいいのかな?」などとも考えていたところで、こうした休みも小学生のうちは必要だな、と考えています。皆さんはどうされているのでしょう?

その後お昼頃に、監督含めコーチ陣と「食事をしませんか?」という連絡が入りいそいそと集合場所へ。メンバーは監督とコーチ2名そして私の4人です。
何度か、指導者の方と食事会(飲み会?)を行っていますが毎回熱い話になっています。

当チームは、つい最近まで人数不足による存続の危機で、子供達の移籍先の検討も進めていたところ、今年の4月頃から我が息子を含め部員がぽつぽつと入ってきて存続の危機は免れました。(実際野球人口って減っているのでしょう。道具を買うお店を探すと非常に少ないことに気づきます。大型スポーツ店でも野球用品は隅の方で小さなスペースです。悲しいけど現実です。)
ですが今度は、野球をあまりしたことが無い子が多いのでレベルの問題で悩むことになってきています。同じ悩みならこうしたうれしい悩みの方が良いですよね。こうした子供達を長い目で見た指導方法について、色々と話しました。

チームの育成方針は、「中学高校と将来も野球をずっと続けられるように、基本をしっかり教える。」ということであり、今回もその話の内容にぶれは無く、(特に選んで入った訳ではないのですが)このチームで息子にも私にも本当に良かったと思います。

また、私も一応高校野球経験者ということもあり、監督から「どんどん指導してください」とコーチとしてのお墨付きをもらいました。練習に参加している私の様子を評価いただいたことがうれしかったのと同時に責任感をもって、子供達を指導していく決意を改めてした次第です。

熱い話は夜の8時まで続きハードでしたが、夜の練習を軽めに行い、すぐ寝ました(笑)!!
posted by とんぼ at 10:37| Comment(0) | チーム運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

うれしい返事

本日(日付が変わってしまったので正確には昨日です)も夜練習を行いました。
メニューは、投げ方の練習を違う方法を採り入れた以外は、これまでと同じです。

今日は、子供に変化がありました。
ミラーステップをやるかと聞いたところ「おもしろいからやる」という返事!そして、後ろ向きからのバウンドキャッチも素手とグローブを使っての2セットを自分からやると言いました。

続けさせるには、楽しみながらではないと、ということで練習メニューを選んでいましたので、なんかうれしいです。

また、上達塾を開いている、手塚氏の本で紹介されているキャッチボール方法もシャドーですが試してみました。これは、低学年用の練習方法なのですが、なるほどという感じがしましたので行ってみました。

この練習はピッチャー向けの練習なので、「ピッチャーもやってみたいか?」と聞いたら「やってみたい」という返事が来てこれまた、うれしいことでした。

確かに、強い球が投げられそうな感じがします。まだ私自身もマスターできていないので、一緒に確かめながらの練習です。(笑)

わずかずつですが、子供の気持ちに変化が出てきたように思います(少し親ばか入ってますが...)。

実は、昨日おとといと雨と言うこともあり練習はしませんでした。
マンションの1Fには通路があり、練習することはできます。
自分からやる気にならないとうまくならないと思っているので、子供から「やろう」という言葉を待っていたのですが、ゲームに夢中でそれどころではありませんでした。

この子は野球がうまくなりたいと思っているだろうか?
うまくなりたいと思っていない子にいくら練習させても苦痛ではないのか?
など色々考えてしまい、何か、もやもやして昨日の夜「パパから練習やろうとは言わないから、自分でやりたくなったら言いなさい。その時は教えてあげるから。」ということを言ってしまったのです。

しかし、一夜明け、そんな時間はこの子には無い、やる気になるまでは少し強制的でも良いのでやろうと思い直し、仕事から帰ってきて「今日、練習やるか?」といったら「やるやる」とやる気を出した返事が返ってきました。これが本日最初のうれしいことでした。

やる気が出てきたので一安心です。
焦ることなく、来シーズンの活躍を目指しじっくり目標を見失わずにやっていこうと思います。
posted by とんぼ at 01:07| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

キャッチボール

金・土と木曜日と同様のメニューの夜練を行いました。

土曜日は、追加メニューとして、「ミラーステップ」を入れました。
これは、二人で向き合い、一人がランダムにサイドステップを行い、もう一人が真似をするというものです。これも、立花氏のメニューからです。

最初は、うまくできず「できない。もう無理!」といっていたのですが、2回目からは大分できるようになりました。やればできるんですけどね。

さて、昨日(日曜日)はチームの練習が3時半ころまであったので、その後キャッチボールを行いました。

軽くやった後、20球投げて10球を狙ったところ(今回は私の胸)に投げるという練習をしました。2セット行い、両方とも13球来ました。なかなかです。

チームの練習の時もやるようにいっており、「やったか?」と聞くと「やった」ということでまずは安心!「でも、できなかった」と言っていたのでどんなものかと思っていました(汗)が、なかなかどうして「いい球」が来ていました。進化してるな〜。(笑)

この狙ったところに投げるという練習を始めたきっかけは、我がチームの試合を見ていてキャッチボールが出来ていないためにエラーがでて、点を取られるというケースが多かったからです。
チーム練習を見ていても皆なんとなくやっている感じがして、これはまずいと思い始めました。

何か効果的で良い練習方法はないかとネットで探したところ、ある指導者の方のホームページがあり、今回の練習はそれを参考にさせていただきました。その方も、キャッチボールは一番大事だけど一番退屈なので、楽しめるように工夫をしていると書いてありました。
うまい子ほど真剣にやらないそうです。本当ですね。

やっぱりキャッチボールは一番単純だけど一番大事ですよね。

終了後、引き続きチームの練習中もキャッチボールは意識して行うように言って終了としました。お疲れさん。
posted by とんぼ at 16:01| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

夜の自主練

昨日久しぶりに夜の練習を行いました。(^^;

しばらくは、「基礎の基礎」「リズム感を養う」「走力アップ」をマスターする練習を行っていこうと思います。

<昨日のメニュー>
・スキップ
・ジグザグスキップ
・後ろ向きからのボールキャッチ

以上は立花龍司さんの「立花龍司のメジャー流少年野球コーチング 小学生編」掲載メニューから取り入れました。

その他、
・キャッチボールシャドー
・ゴロへの入り方からスローイングまでのシャドーイメージトレーニング
を、行いました。時間は30分位です。

ジグザグスキップがうまくできず、いい加減にやり始めたので叱りました。これは、この子の悪い癖なので直さなくてはいけません。
そこで、ゆっくりやることでステップを教え、マスターさせました。

難しいことではなく、ゆっくりやって動きを覚え、慣れれば誰でもできるということを教えたかったので良かったと思います。
本人も、できたことで少し顔の表情が明るくなり、自信が出てきたような感じになりました。良かったです。わーい(嬉しい顔)

この感じを忘れないように、地道に練習をしていこうと思います。

来シーズンを目指してがんばろう!
posted by とんぼ at 09:33| Comment(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

これから

昨日は、ダブルヘッダーでした。当地では、6年生中心の試合と4年生以下のチームで行う試合があり、それぞれ一試合づつ行われました。
残念ながら共に敗れてしまいました。両試合とも相手は同じチームでした。

試合を見ての感想は、相手チームは個々の能力は我がチームと比較にならないほど上手かったです。なにより、捕る投げるの力が違います。改めてキャッチボールの重要性を感じました。人数も大所帯でした。

試合終了後グランドにて、練習を行いました。来季以降のチーム編成を想定したシートノックで、監督も色々と試しているようでした。

当然我が息子は、補欠組でしたが徐々に補欠組からも交代で守備に入るように指示がでて、「もうそろそろかな」などと思っていたところ、ちょっとショックなことにこの子よりはうまいだろうと思っていた子が先に呼ばれて守備につきました。

また、我が息子はアピールも苦手で自分から「やりたい」とはなかなか言えません。私は、黙ってその様子を見ていましたがかなりへこみました。もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、へこんでばかりもいられません。
なぜ、アピールができないのかと考えました。
我が息子ははっきり言って「捕れない・打てない・投げられない」という状態です。入団当初よりは、だいぶよくなっていますが、それでもまだまだ廻りとの差は大きいです。
自分でも実力はわかっているのだと思います。
ですから、「やりたいけど言えない」「自分はできない」という状態になっているため、アピールできないでいるのだと思います。

実際私だって、まるっきりできないことをやりたいなんてアピールできないです。

「上手い」というよりも、「捕れて投げられれば出場できる」チームの現状です。じっくり練習して来季は出場させてあげたいです。

今日の話を家に帰ってしたところ、嫁もそうした状況を他の日に見ており「見てるのつらい」「一緒に練習してあげてよ!」と言われました。(汗)

まず、本当に基礎的なところ、「ボールを捕る」ところから始めてみます。
「フライは、数やったもの勝ち」とドラオさんのブログに書いてあるのを信じ、地道にやってみたいと思います。

何か効果的な方法がありましたら、どんなことでも良いので教えて欲しいです。

折角勇気を出して、「やらないであきらめたくない」と運動もしたことないのに入団したのですから、何とかしてあげなくては。

一緒にがんばろうな!わーい(嬉しい顔)
posted by とんぼ at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。