2007年07月18日

言葉

以前metooさんのブログで「監督ってなんだろう」というエントリーで監督について大反響がありました。

今回私のエントリーは、同じ監督さんについてなんですが、実際の監督さんについて情報を教えていただきたく思っています。

最近、対戦相手の監督さんを見ていると、強いチームほどあまり何も言わないで、要所でちょこちょこっとタイミングよく声を掛けていることに気づきました。それも、感情的に言うのではなく、普通のトーンで選手を鼓舞させるあるいはリラックスさせる言葉を掛けているようです。

試合中も「いいよ!いいよ!」と選手を褒め、「何やってんだ!」みたいな言葉はほとんど聞こえてきません。ただ、練習を見たことがないので、練習中に掛けている言葉は分かりません^^;

私としては、子供達に対して「バカ!アホ!」「何やってんだ!」の怒号系はNGだと思っています。なので、「もう少しこうしたら良くなるよ。」とか「ここがこうなってるから結果は良くない、でもこうすれば良くなるよ」といった感じで話しています。きつく言うにしても、選手を鼓舞させる、やる気にさせる言葉を掛けてあげてます。

高校生ならいざ知らず、小学生の子供達が言った通り出来ないことに怒ったりするのは間違っていると思いますがいかがでしょうか?
(それなら、できるようになる練習を考えればいいことだと思っています。とはいえ、それがなかなか難しいので、試行錯誤してるんですが^^;)

今は遊びで野球をする場所が少なくなり、子供達は遊びの野球というプロセスが無いままいきなりチームに入ってきます。そんな子供達を上手くして野球を好きになってもらいたいです。ドンマイさんのエントリーにあった「どれだけ、伸ばしてあげられるか?」という言葉。私の気持ちと同じです。


そこで皆さんに教えていただきたいのは、「監督さんやコーチの皆さんは、練習中・試合中、普段子供達にどんな言葉をかけているのか?」ということです。

これは、指導方針にも関係してくると思いますが、褒める系・怒号系・言葉は優しいが内容は厳しい系・友達関係風・楽しくわいわい系 などがあるかなと思ってます。
皆さんの中には、全国レベルのチームだったり、楽しくわいわい系のチームがあったりすると思いますので、ぜひ教えていただき勉強させてください。

よろしくお願いします。
posted by とんぼ at 17:14| Comment(6) | 教えてください | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。