2007年01月26日

手の平捕球講習会その1

21日(日)は、skyboys広報さん主催の「手のひら捕球講習会」に子供と一緒に参加して、Skyboys広報さん店長さん満木先生、グラブ職人Nさん、touchさん、とんぼがかりさんとお会いすることができました。

ムラッチこと田村選手は、所用の為急遽欠席となってしまい残念でしたが、朝から夕方まで皆さんとご一緒させていただき、とても充実した一日を送ることができました。皆様、ありがとうございました。



午前は、
・満木先生によるスポーツ障害予防についてのお話
・店長さん・グラブ職人さんによるグラブについてのお話

午後は、グランドに場所を移して
・手の平捕球講習会(基礎・上級)
でした。



まず、心配だったのはお天気。
一週間前の天気予報では、「曇り/雨」の予報。毎日、チェックをしていたところ、予報が変わり「曇り」にさらに「曇り/晴れ」に変わり、終了まで雨は降りませんでした。「ありがとう!すかいぼうず!!」


朝、眠い目をこすりながら始発電車に乗り、一路刈谷へ!
Skyboys広報さんにお迎えに来ていただき、さらに息子が退屈しないようにと、粋な計らいでWBCのDVDをご用意いただきました。
緊張気味だった息子も「すげー!打った!」などと食い入るように見てました。ありがとうございました。

そして講演会会場へ到着、すでに「とんぼがかり」さんご一行がお待ちになっていらっしゃいました。HNはそのまま引き続きお使いくださいませ^^

参加者が続々と集結。そして、店長さんとグラブ職人Nさん、満木先生とてんてん君がご到着。

店長さんを始めて見た感想「で、でかい!」(店長さん すいません)
(ちょっとびびりながら)お声をかけさせていただくと、「おー、とんぼさん!!」ととても気さくにお話しいただき、うれしかったです!


それでは、午前の講演会のダイジェストを

まずは、満木先生による、スポーツ障害予防についてのお話。内容は、

・脳と痛みの関係
・痛みのメカニズム
・痛みをとるためには、脳の警戒をなくす笑顔が大切
・正しい動作の重要性
・疲労から回復までの流れ
・身体(骨格)のバランス
・関節などの動きの仕組み
・足組法、足踏み法、捻転法のご紹介

といったことをご講演いただきました。

実践の話しとして、治療は会った瞬間から始まっているので、最初から笑顔で話しをして脳の警戒を解いているということでした。
今回の講習でも、ずっと笑顔でお話しをされていましたよ。

そういわれると、痛みがあり病院に行った時、病院の先生がしかめっ面だったら、不安になり、直らないのかって思っちゃいますよね。
笑顔で「直りますよ〜。心配ないですよ〜。」と言われたら、それだけでも直ってしまいそうです^^。



正しい動作のご説明の中で、印象に残ったお話。

先生は野球経験がありませんが、お子さんの野球を見ているうちに、スピードボールを投げたいと思うようになり、スピードボールを投げるための正しい動きの研究を重ねたそうです。

そして、その動きを体得した結果、

「野球経験者よりも速いスピードボールを投げられるようになりました。
なぜか?それは、スピードボールを投げるための正しい動作をしているからです。」

先生は、涼しい顔で仰りました。
正しい知識、正しい動作で技術を高めるという重要性。私も勉強していこうと思います。


休憩時間に、先日練習で痛めた肩をひそかに先生に診てもらっちゃいました^^
肩が痛い旨お話しをさせていただいたところ、ある動作を教えていただきました。
そして、約10秒ほどその動きをしてみると・・・・・あら不思議。肩の痛みが無くなったのです。
先生は、一切私に触れていません。本当にびっくりで自分でも信じられませんでした。
ありがとうございました。


この後、休憩をはさみ、グラブ職人Nさんと店長さんから

・グラブの皮の種類
・使用部位の説明
・なめしについて
・グラブのパーツ数
・高いグラブと安いグラブの違い
・硬式、軟式の違い
・素上げ皮とコーティング皮の違い
・湯もみ型付けの方法
などなど

Skyboys広報さんもお書きのように、グラブ職人Nさんからは、グローブは完成品として売られていない。グラブ製造者60%、お店(プロなどの場合道具担当者)20%、選手20%で100%の仕上がりになるそうです。

お店20%の部分は、店長さんのお店では手の平捕球型、○×店では、△□型といったように各お店の特徴・考えで型付けしている。そして、最後の選手20%が非常に大切で、丁寧に自分に合った形に育ててくださいというお話しでした。

午後の練習の終わりにNさんから子供達に、
「グラブ職人は皆一生懸命グラブを作っています。大事に使ってください。」というお言葉がありました。
自分のグラブ、これからも大事に育てていこうと思います。

今回の講演内容は、満木先生Skyboys広報さんのブログでも書かれていますので、ご参考になさってください。

そして、午後はグランドに場所を移し、待望の手の平捕球講習会でした!

次回に続く。

posted by とんぼ at 14:43| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
充実した講習会だったようですね。
行けることなら行きたかったです。

何度でも講習会を受けたいと思う野球教室は
なかなか無いと思いますよ。

グラブも注文されたようで、楽しみですね。
手の平捕球がんばりましょうね。^^
Posted by Fastballer at 2007年01月26日 19:08
グラブは最終的には使う選手が育てる事が大切である
店長は「手の平捕球」が出来る型付けをさせて頂いています、残りの20−25%はお客様がグラブを育ててくださいね。グラブの各指先まで芯、平裏革が入ってるグラブも選別の一つにして下さい。
次回の手の平捕球講習会のレポートを楽しみにしてます
Posted by 店長 at 2007年01月26日 21:30
■Fastballerさんへ

朝から夕方まで、あっという間の一日でした。
グラブは、廿日市さんオリジナルとPROBの両方を試させたところ、Fastballerさんのお話のようにPROBは息子の手には、少し大きかったのでオリジナルをお願いしました。
到着が楽しみです^^


■店長さんへ

オリジナルグラブは、自分でしっかり手入れをするようにさせたいと思います。
手入れのご指導もよろしくお願いします。
レポートは早めにまとめ、アップします^^;
Posted by とんぼ at 2007年01月27日 22:26
グラブのラベルのデザインお連絡を待ってます。ファックスでも・・・
Posted by 店長 at 2007年01月29日 12:09
■店長さんへ

本日お送りしました。よろしくお願いします。
Posted by とんぼ at 2007年01月29日 21:43
先日は午前中で帰ってしまい、お別れのごあいさつができなくてすみませんでした。
ハンドルネームの件ですが、本当はブロガーや読者の皆様にまぎらわしく、何よりとんぼさんに失礼があるといけないなと思って恐縮しておりました。
でもこの間、とんぼさんにお会いした時、とても優しく容認していただきました。ありがとうございました。
これからとんぼさんのブログにできるだけコメントをすれば、とんぼさんと、とんぼがかりは別の人だと判ってもらえるでしょうか。
私の次男も少4です。同じ学年の野球少年を持つ親として、とんぼさんのブログも参考にさせていただきます。

Posted by とんぼがかり at 2007年01月29日 23:54
■とんぼがかりさんへ

こちらこそ、ご挨拶ができず失礼しました。午後の実践講習も充実した内容だったので帰られてしまったのはもったいなかったですね。
HNはそんなに気にされなくて良いですよ^^

次男君は息子と同じ小4なんですね。学童野球は、あと2年とちょっとです。お互い頑張っていきましょう!

これからも情報交換よろしくお願いします。
また、覗いてみて下さい^^
Posted by とんぼ at 2007年01月30日 09:14
すばらしい参加報告ありがとうございます。
とんぼさんのまめさで応援すれば、きっと息子さんも大丈夫!
私も少年野球を通して、いろいろ楽しい経験を積むことが出来ました。
ですが、まず一本ですね!^^
Posted by 満木 月風 at 2007年02月15日 21:51
■満木先生へ

お褒めいただき、恐縮です。
その節は、大変お世話になりました。
おかげさまで肩もすっかり良くなりました。
ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2007年02月16日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。