2007年07月18日

言葉

以前metooさんのブログで「監督ってなんだろう」というエントリーで監督について大反響がありました。

今回私のエントリーは、同じ監督さんについてなんですが、実際の監督さんについて情報を教えていただきたく思っています。

最近、対戦相手の監督さんを見ていると、強いチームほどあまり何も言わないで、要所でちょこちょこっとタイミングよく声を掛けていることに気づきました。それも、感情的に言うのではなく、普通のトーンで選手を鼓舞させるあるいはリラックスさせる言葉を掛けているようです。

試合中も「いいよ!いいよ!」と選手を褒め、「何やってんだ!」みたいな言葉はほとんど聞こえてきません。ただ、練習を見たことがないので、練習中に掛けている言葉は分かりません^^;

私としては、子供達に対して「バカ!アホ!」「何やってんだ!」の怒号系はNGだと思っています。なので、「もう少しこうしたら良くなるよ。」とか「ここがこうなってるから結果は良くない、でもこうすれば良くなるよ」といった感じで話しています。きつく言うにしても、選手を鼓舞させる、やる気にさせる言葉を掛けてあげてます。

高校生ならいざ知らず、小学生の子供達が言った通り出来ないことに怒ったりするのは間違っていると思いますがいかがでしょうか?
(それなら、できるようになる練習を考えればいいことだと思っています。とはいえ、それがなかなか難しいので、試行錯誤してるんですが^^;)

今は遊びで野球をする場所が少なくなり、子供達は遊びの野球というプロセスが無いままいきなりチームに入ってきます。そんな子供達を上手くして野球を好きになってもらいたいです。ドンマイさんのエントリーにあった「どれだけ、伸ばしてあげられるか?」という言葉。私の気持ちと同じです。


そこで皆さんに教えていただきたいのは、「監督さんやコーチの皆さんは、練習中・試合中、普段子供達にどんな言葉をかけているのか?」ということです。

これは、指導方針にも関係してくると思いますが、褒める系・怒号系・言葉は優しいが内容は厳しい系・友達関係風・楽しくわいわい系 などがあるかなと思ってます。
皆さんの中には、全国レベルのチームだったり、楽しくわいわい系のチームがあったりすると思いますので、ぜひ教えていただき勉強させてください。

よろしくお願いします。
posted by とんぼ at 17:14| Comment(6) | 教えてください | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

捕球について その後

先日のエントリー捕球についてに多くの方からアドバイスをいただき、ありがとうございました。

その後のご報告をさせていただきます。皆様から、

@軽い
A小さい
B開いた型

のグローブをおすすめいただいたので、元日に、F社の小さい人工皮革のグローブを購入しました。本当に手のひらサイズという感じです。このグローブはFastballerさんよりアドバイスをいただきました。アドバイスが無ければ、このグローブを買うことは無かったと思います。ありがとうございました。


3日に軽くキャッチボールをして、その後4日の練習でデビュー。息子の感想ですが、

・小さいけど良く捕れる
・捕りやすい
・軽いので動かしやすい

というものでした。皆様にアドバイスいただいた通り、軽くて開いた型なので捕りやすいのだと思います。はじくことも少なくなりました。(初日はまだ固かったようで、捕ったら上がりノックで、はじきまくり最後まで残ってしまいましたが.....。)
握力も無く、手も小さいのでこれまで使っていたMサイズは重く大きかったんですね。

子供にあったグローブを大人がしっかり選んであげることは、野球をする子供達にとって大変重要だと実感しました。


息子は、このグローブが気に入ったようで、現在も練習で使用しています。


ですが、4日の練習で早くも捕球面がやぶけました^^; 
やはり人工皮革(ビニール)は耐久性が無いですね。今度は長く使える皮の小さいグローブを購入しようと検討中です。候補は、スポーツセンター廿日市 店長さんの「オリジナルキッズ」もしくはブロガーの皆様ご使用かつご推奨の「久保田スラッガー PROB」です。
21日に行われるSkyboys広報さん主催の「手のひら捕球講習会」に刺激を与えるために子供を連れて行き、併せて店長さんに手に合うグローブを見立てていただこうと予定調整中^^です。


私は、主に外野手だったので小さいグローブになじみがなく、使ったことも使おうとしたこともありませんでした。(だから下手だったのか^^;)
しかし今では、小さいグローブを試したく、My「PROB」が欲しいのですが、子供が今まで使っていたグローブをPROB代わりに使おうと思ってます^^

今回皆様より色々とアドバイスをいただいたり、ブログを拝見することで、子供時代に使うグローブの重要性をはじめて知りました。インターネットってすごいですね。

また、ご報告させていただきます。皆様ありがとうございました。
今後とも、ご指導よろしくお願いします<(_ _)>
posted by とんぼ at 13:01| Comment(8) | 教えてください | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

捕球について

子供の練習を見ていて気になることがあるので、皆さんよろしければ教えてください。

それは、捕球についてです。

我が息子は、捕球時に上手くグローブを開くことが出来ず、グローブの先の方に当たったりしてはじくことが結構あります。一緒に見ていたコーチに聞いてみると、捕球姿勢に入ったときに力が入りすぎてこわばっている為ではないか?といったことを言われました。

ボールが怖いためにこういうことになるのでしょうか?
確かに、グローブが間に合わずボールが顔面を直撃したこともあります。何が原因なのか良くわからないので、捕るときはグローブを開けといったことしか言えないでいます。


対策練習としては、素手で(左手のみ)庭球を捕らせるということをしています。
グローブが原因かと思い、よく開くよう型付けをしてあげたり。辻とじという方法が良く開くようになるというのを拝見したので、紐の入れ替え加工もしてみました。

また、グローブが大きいのかと思い、小さいグローブ(PROBなど)を購入したほうが良いのかなどと考えています。現在は、ミズノの少年用Mサイズを使っています。体は130cm位で、あまり大きくありません。

ただ単にグラブ裁きやフットワークが下手なだけで、ノックをたくさん受ければ上手く捕れるようになるのでしょうか?
何か良い指導方法や練習方法があれば教えていただきたくお願いします。<(_ _)>



もう一点、他の子供の話なのですが、捕球時にグローブでボールをはたいてしまう子がいます。これはどういうことからなるのでしょうか?ボールが怖いためなのかなと思っていますが、いかがでしょうか?

ご指導いただければと思います。
よろしくお願いします。
posted by とんぼ at 13:11| Comment(12) | 教えてください | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。