2007年02月28日

朝から感動!

今朝、テレビ東京でやっている、「おはスタ」を子供と見ていました。

卒業する6年生が、お世話になった人たちにありがとうを伝えるコーナーがあるのですが、昨日と今日はあるサッカーチームの話でした。
このチームは、設立1年目。大会での優勝を目指していたのですが、これまで優勝はありません。

そして迎えた最後の大会。
なんとしても監督に優勝をプレゼントしたい選手達。
優勝することは奇跡かもしれない。さあ、どうなるのか!といった内容でした。

チームは順調に勝ち上がり、決勝戦に進みます。
決勝の相手は今まで一度も勝ったことの無い強豪です。

試合は、1対1のままで終了。勝敗は延長戦へ。
そして延長戦でなんとゴール!!1点をとります。
その1点を守ったまま終了のホイッスル。
チームは優勝しました。

気持ちがひとつになった時、実力以上のものが出るのかも知れません。
気持ちの大事さを感じました。

なんか、ドラマみたいでしたが、感謝の作文を読む子供達とそれに応える監督に朝から感動してしまいました。



卒業生からの作文
「まだ、リフティングも何も出来なかった僕に、丁寧にこうすれば上手く出来るよと分かりやすく教えてくれてありがとうございました。おかげで、今こんなに上手くなりました。ありがとうございました。」

監督からの言葉
「監督は、君達にサッカーを教えたと思ったことは無い。みんな、仲間だと思ってやってきた。みんなは最高の仲間です。これからも、大事な仲間です。監督こそありがとう。」



「みんな仲間」 こう思えたとき、チームは最高になるでしょう。
チームスポーツの魅力はココにあると思います。


わずかな時間のコーナーでしたが、とても良かったです。
みんなで一緒に頑張る。この監督さんを見習って行きたいと思います。
posted by とんぼ at 12:12| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

バッセンデビュー



昨晩、息子がついにバッセンデビューを果たしました^^


おとといの自主練後、明日バッティングセンター行こうという話しをしていたので、早めに帰宅しいざ出発と思ったら、車のエンジンがかからない^^; 
「今日はやめようか?」と言ったところすごく残念な顔をしたので「じゃ、ちょっと遠いけど自転車で行くか?頑張れる?」と聞いたら、「行きたい!頑張る!」ということで、自転車で30分掛けてバッティングセンターへ。
着いた時には汗びっしょりになっていました。
持久力の良いトレーニングにもなったかもしれません^^

1ゲーム 300円/21球。
1000円のカードを購入(4ゲーム分で200円お得です)し、4ゲームを行いました。
70Kmのゲージで、右2.5ゲーム(52球)、左1.5ゲーム(32球)を打たせました。
左はまだ弱々しく、ほとんど空振りでしたが、スイングはスムーズに振り切れていました。右はなかなか良い当たりもあり、本人もおもしろかった様子です。

左打ちは、当初両方振った方がバランスが良いかな程度で素振りを始めたのですが、左でのスイングが右よりもスムーズなことと効き目が右というで、左の方が向いているのではと思い素振りを継続しています。

おとといの自主錬の際に、左でシャトル打ちを初めてやらせたところ結構上手く当てていたので、バッセンでも左を試してみました。今のところ多分どっちで打っても結果はあまり変わらないので....^^; しばらくは、併用で行こうと思ってますが、星さんの過去ログを読んでいて、左専門にしてしまった方が良いのかなとも思っています。

4ゲームほぼ連続でやったので、握力がきつかったようです。
もう少し、休みながらやった方が良かったようですね。
でも、握力の大事さを分かってくれたのが収穫でした。

「打った後に振りを止めてしまう(振り切れない)・タイミングが早い」という悪いクセが出ていました。
今後の修正課題です。

また行ってみます!!
posted by とんぼ at 14:06| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

初ヒットへの道 2

土曜日に練習試合がありました。

結果、2打席2三振。初ヒットは、次回持ち越しになりました^^;

1打席目は空振りでの三振でしたので、良かったのですが、2打席目は見逃しの三振。
1打席目後、すっとベンチに帰ってくる息子に、「悔しくないのか?そんなに簡単に帰ってくるならやめろ!」と監督から渇!
2打席目も、見逃しの三振で同じように普通に帰ってきたところ「今のは、振らなきゃだめだろ!やる気あるのか?次から守備交代な!」
ということで、ベンチへ。2試合目もベンチとなりました。

息子は、良くも悪くも野球に関しては感情をあまり出せません。
しかし、これまでのお情け出場では無く、戦力として先発しているのでそんなことは言ってられません。
結果ももちろんですが、まずは姿勢(気持ち)を見せないといけない状況です。
今、はずされると昨年の繰り返しになってしまいます。
ここで、頑張れるかどうかで今シーズンが決まるような気がします。

見ていて残念だったのは、自主練でやっている素振りの時とは全く違う昔の弱々しいスイングだったことです。
そして、打ちたい気持ちがはやり、高めの完全なボール球に手を出してしまいます。
試合経験がほとんどないので、しょうがないといえばしょうがないのですが、期待していただけに残念な結果でした。

帰ってから、「悔しくなかったのか?」と聞くと「悔しかった」と答えます。本人が一番悔しいですよね。
この悔しさをバネに頑張ってほしいです。

そこで昨晩、そろそろ行くかなと思い、「今度バッティングセンター行くか?」といったところ、「行く!行く!」といい返事が返ってきました。
「行きて〜」というのが出たいい顔で(親バカ全快^^)、全く自信が無く、誘っても行かなかった時の顔とは別人でした^^ 
期待できるかな?

いよいよ、近日バッセンデビューです!!
posted by とんぼ at 13:07| Comment(15) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

トレグッズ

metooさんの過去ログを読んでいて、面白いトレグッズがありましたので早速買ってきました。色は、何色かありましたが目立つ黄色を選択^^

素振りの合間に20個位のバトミントンのシャトルを打たせたところ、空振りが多いですが、たまに「パシッ!」と当たり、いい感じです。
息子も面白いらしく、夢中になってやってます。
シャトル打ちは、バットでもやり始めましたが、私の方に飛んで来て、あたったら痛そうなのでちょっとビビリながらです^^;

また、素振りを見ていて、スイングが小さいなと感じており、大きなスイングにさせるようなトレグッズはないかなとふらふら見ていて使えそうなものを2つ購入してみました。

一つ目は、水道管凍結防止用カバー(発砲系)。
バットの長さに切り、インパクトを過ぎたところで放り投げさせる練習をしてます。

本当は、バットを放り投げるのが良いのでしょうが、やる場所が無いので代用です。
音もしないのでGoodです。
これが正しい方法か分かりませんが、どこかで読んだ気がするのでやってます。間違ってたら教えて下さいませ。片手で持たせ上から叩くような軌道を覚えさせるのにも使ってます。

この水道管カバー、思わぬ良い使い方がありました。
私が息子のインパクトポイントにカバーの端が来るように上から下げて素振りをさせたところ、何も無いときに比べかなり力強くスムーズなスイングになりました。
上手く当たった時は「パシッ」という音がするのでなかなかいい感じです^^

二つ目は、直径20mm/長さ1mの塩ビ水道管。
本当は、2m位がいいかなと思いましたが、まだ身長が低いということと、場所の問題もあり1mにしてみました。
そのままだと、すっぽぬけそうなので、グリップエンド代わりに部品を付けてます^^

長い棒を振ることで、大きなフォロースルー、体のバランス維持ができるそうです。
(参考:MFTのページ
巨人・高橋由伸選手も約4メートルの竹で素振りをしていたとのこと。


しばらく、続けていこうと思います。

p.jpg
上から、
・1m水道管(グレー)
・水道管保温カバー(白)
・metooさん紹介のグッズ(黄色)
posted by とんぼ at 13:42| Comment(6) | 道具など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

グラブ到着!

お願いしていたスポーツセンター廿日市さんの少年用オリジナルグラブが先日届きました。

s-kids.jpg

ラベルは、私がデザインしたものに、アレンジを加えていただきまして、かなり格好いいです(^^)v
(お見せできませんが....。)店長さんありがとうございました。何も刻印が無いというのもいいです。

刈谷で拝見していたのですが、「小さい、そして硬い^^;」
手の平捕球の基本を覚えるために、最初はあえて硬めに仕上げてあるそうです。

やわらかくなる頃には、手の平捕球上手くなっているかな^^
posted by とんぼ at 12:40| Comment(13) | 買ったど〜^^ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

初ヒットへの道1

日曜日に練習試合がありました。その結果です。

◆打撃◆
・第一打席  
 ランナー2塁で、ボテボテながらファーストゴロ。ランナーを進塁させることができました。
 監督からも「OK!OK!」ということで一安心。
 相手は、新6年生のピッチャーでなかなか球も速く、バットに当たるかどうかが心配でしたが
 とりあえず、フェアグランドに打球が飛びよかったです^^

・第二打席  
 空振り三振。見送りでは無く、しっかり振っての三振ということでこれもOK。

・第三打席  
 なかなか良い当たりで、「よしっ!行った!」と思いましたがピッチャーライナーでアウト!

監督も、試合後「あいつは打つ気があるな」、コーチからは、「初ヒットも近そうですね!」と。
これまで、キャッチャーが捕ってから振っている位だったので、昨日の3打席を見る限り、素振りの成果が出てきていると思います。
練習は本当にウソをつきませんね。


◆守備◆
ポジションは、ライトです。
左打者が多かったので、期待半分不安半分でしたが、ライトオーバーが一回飛んだだけで、それ以外は守備機会がありませんでした。

このライトオーバーも捕れる打球ではなかったのですが、監督から「一歩目が遅い!しっかりしろ!」と怒られていました。
今までは、「あぁ〜、やっちゃった(笑)」という感じでしたが、本気で怒られていました。少しずつですが認められてきているようです。


◆練習◆
試合前と後に、シートノックを行いました。そこでは、フライを連続でしっかりキャッチ!

そして、自主練のシャドー守備練習でやっている、少し後ろから落下点に入り、捕ったらすぐ返球ということを実践でやってくれました。

びっくりしましたexclamation×2



フライは、そこそこいけるようになってきました。次はゴロの練習も加えていこうと思います。
春を目指し、地道に行きます^^
posted by とんぼ at 13:37| Comment(10) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

夜の自主練継続中!

先月から、夜の自主練が続いています。
1月の目標は、<毎日素振り 右30回 左20回>でした。
 
結果、トータル1440スイングでした。
5日から始めたので、<27日間で1400スイング>が目標数値。
といことで、見事目標達成です!!

記録を残し「これだけやったんだ」という自信を付けさせようと思い、Skyboys広報さんの素振り表を真似して作り、記入させました。

やらない日もあったのですが、その分をカバーすべく多く振る日があったようです。それを知らなかったので、達成していないだろうと二人で勘定していくとなんと達成!
びっくりしました。

本人も達成しことで、自信になったようです。

先日の練習試合でも、ヒットにはなりませんでしたが上手く打ちました。
本人曰く、「なんかボールが良く見えた!」
自信から来るものなのでしょうか?

まずは、続けることが目標だったのですが、予想以上でした。



今月は、右50回以上 左30回以上を目標にしています。

また、シャドー守備練習(^^)として、グラブを左脇に抱えてフライ・ゴロを追いかける練習をしています。(息子は現在外野なので)

これは、日曜日にフライ練習をした時、見ていた兄が「格好悪いな、グラブを脇に抱えて走ってみな」と教わった形です。これまでは、グローブをだらりとしたままでしたので、走る格好がかなり良くなってきています。



素振りの効果も出はじめており、スイングも力強くなってきました。
手にマメも出来てきたようで、痛いと言いつつも続けています。


野球を始めた当初から見ればかなり進歩しています。
練習量としては、足りないかもしれませんが、じっくり行こうと思っています。
この調子で頑張っていって欲しいです。
posted by とんぼ at 14:15| Comment(10) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

この一本でヒーローだ!!

日曜日に、私の兄にバットを買ってもらっちゃいました!

これまで使っていたのは、野球を始める前に買った70cm500gの低学年用。身長が低くパワーも無いので良いかなと、そのままにしていました。

しかし、先日練習を見に行った時、さすがに短いようなのでそろそろ買ってあげようと思っていたら、兄から「何か野球用品欲しかったらスポンサーになるよ」という話。
渡りに船とばかりに買ってもらいました。

兄は、高校まで野球をやっていて今も草野球で頑張っている野球大好き人間です。子供に野球をやらせたかったのですが、甥っ子が選択したのはサッカーでした^^;
なので、何かプレゼントをしたかったようです。
兄も私同様、野球用品買うの好きですからね^^

材質も色々ありましたが特徴などあまり調べずに、お店で素振りをしてみて本人のフィーリングにあったものを選択しました。芯の部分が結構太めでなかなかいい感じです。

ビヨンドも旧モデルが格安であったのですが、息子にはちょっと長くて重いものしか残っていなかったので、やめました。
子供には、必要ないとも思っていましたし...。

長さは、6cm。重さは20gしか変わらないのですが、ずいぶん印象が違いますね。格好いいです!!

皆さんは、バットを選ぶ時どんな基準で選ばれてますか?


<買ってもらったバット>
ミズノ carbo sonic ミドルバランス
76cm 520g カーボン、グラス製
DCSA0050.jpg

バットについていた
「この一本でヒーローだ!!」
というキャッチフレーズ通りに、しっかり打って欲しいです!!
posted by とんぼ at 15:17| Comment(4) | 買ったど〜^^ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

手の平捕球講習会その3

◆お知らせ◆
スポーツセンター廿日市 八幡店長さんのホームページが
リニューアルオープンしました。アドレスは、

http://tenohirahokyu.com/

です。てのひら捕球ドットコム!!

-----------------------------------------------------------------

今回は、走塁と外野練習の話をご紹介します。

1塁をオーバーランする際の話。
オーバーランの際、ベースを蹴る足をどちらがいいのか
迷っていたので店長さんに聞いてみました。

◆一塁のオーバーラン

・左足でベースの角を踏む(図参照)
・ベースを踏む際に、左脇をぐっと締める
・すると、より鋭角的に曲がることができる

ということでした。

イメージとしては、
@通常のトレースライン
A左脇を締めた場合のトレースライン
という感じです。

overrun.gif

駆け抜けの場合は、どちらの足でも良いそうです。


◆一塁コーチャーの声
通常は、「リーーリーーリーー、ゴッー!」という声を出していると思います。
それを、最後の「ゴッー!」のみ連発で言うということでした。
「ゴッー!ゴッー!ゴッー!ゴッー!」という感じです。
なかなか、文字だと伝わりにくいかもしれませんが、聞いていると
確かに守っている方は嫌な感じがするなという印象でした。

ランナーが勘違いしないことが前提ですね^^


◆外野守備練習

店長さんが内野ノックを行っていたので、外野ノックはグラブ職人さんにやっていただきました。

<グラブ職人さんのアドバイス>
・外野手も捕ったらすぐ返球する。
・捕ったら終わりではない。

一定のゴロ、フライの練習が終わった後、二手に分け、間にノックをするという練習を行いました。

この練習は、間に飛んだ球の処理方法を学ぶもので、
・二人でボールを捕りに行かない。二人ともエラーをしたらホームランになってしまう。
・捕れそうな子が、大きな声で「まかせろ!」、相手は、「まかせた」といって 後ろに廻り、カバーする。
ことを学びながら行いました。

この「まかせろ!」「まかせた!」の判断がなかなか難しいようでした^^;

◆指導中の店長さん
DCSA0014.jpg

◆トンネル練習中
DCSA0013.jpg

◆持参されたグラブ達
 下左から、オリジナルキッズ、PROB、L7、キャッチャーミット、
 上にあるのは、トレーニングフェンスとグラブ職人さんオリジナルグラブ
DCSA0010.jpg
このキャッチャーミットがすごかったです。
今まで見たことのない型付けでした。

◆PROBとオリジナルキッズ
DCSA0002.jpg
息子が両方に手を入れてみると、オリジナルキッズがフィットして「こっちがいい」ということで、帰ってから早速注文しました^^
私も手を入れて比べてみましたが、オリジナルキッズは手入れ部が子供にあわせて非常に狭くできていて、グラグラしないつくりになっていました。写真で見てもお分かりいただけるのではないでしょうか。さすが店長さんですね。PROBは小さいといっても、やはり大人用に作られたものなので子供には大きかったようです。
posted by とんぼ at 16:02| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

手の平捕球講習会その2

いよいよ、グランドに移り「手の平捕球講習会」がスタートしました。

まずは、店長さんから挨拶があり、練習開始!

入門編は、店長さんのホームページにある動画の流れが基本で、
・グラブの捕球位置の確認
・素手にて、左手に当て右手で取る練習
・その後、グラブを使い実践
・そして、上級編(Skyboys広報さんのページ参照)へ、上級編では、取る瞬間にグラブを廻しボールを右手に移し、すばやくトップの位置(頭の後ろ)まで持っていくということを行いました。

◆ポイント◆
・グラブは立てない
・親指部分を投げてくる方向にあわせる

手の平捕球上級編は、ボールを素早くトップの位置まで持っていくことまでが、一連の動作なので正しい投げ方も身につきます。結果として、ひじ痛も起こりにくいということでした。

この、親指を相手に向けてあわせ、捕る瞬間にグラブを回転させるという部分で、親指固定が重要になるということなんですね。やっと解りました。
ということは、大メーカーがレースの通し方を同じよう(参照)にしても、通常の捕り方(握り取り)では
あまり意味無いのでは?と思いました。店長さんこの辺りはいかがでしょうか?



次に私も取り組んでいる、トンネル練習を行いました。(metooさんのブログ参照)

今回は、受ける子を縦に二人並べ、
一人目はトンネル、二人目は捕球でした。
認識不足だったのですが、トンネルする子も、捕球体勢をしっかり作るということでした。

トンネル練習は、しっかり最後の一歩を踏み出し、正面に入ることが大事で、この一歩がでれば、しっかり正面に入り、スローイングも正確にできるようになるということでした。





練習の合間に店長さんに聞いたお話をご紹介します。
(トンネル練習に関連しています。)
「内野手の逆シングルは無い」というお話しです。
グランドにバットでダイヤモンドを書きながら説明いただきました。

このお話しを、図にしてみましたので、ご覧ください。

まず、ダイヤモンドをホームベースから15度ずつに区切ります。(水色のライン)
このラインから、内野手の守備範囲を出します。
そしてその守備範囲の中間に(ダイヤモンド上に)野手を配置。
1・3塁手はファールラインと、15度ラインの真中、ショートとセカンドは、15度ライン上です。

rui01-.gif

このように
「守備範囲はいくらもないので、フットワークを使えば逆シングルはほとんど必要無い」
という理論でした。

この範囲、数字にするとどの位なのかなと思い、もう少しやってみました。
すると、守備範囲は1・3塁手→左右3.1m、ショート・セカンド→7.1mと9.7mになります。
ダイヤモンド上での守備範囲を左右同じ距離(7.1mずつ)と考えるとショート・セカンドに、2.6mずつの空白範囲(ピンクの部分)が出てしまいます。


rui02.gif


この部分はピッチャーの範囲かも知れませんが、ダイヤモンドを内野手4人でカバーするための数字を出してみようと思い、ここを埋めるためにショート・セカンドを左右等間隔にするべく移動してみました。

rui04.gif


それぞれを15度ラインの延長上で2.2m後ろにさげると左右8.4mずつになります。
これで内野手4人(左右等間隔)でダイヤモンドをすべてカバーできました。
こうしてみると、ショート・セカンドが後ろに下がっているのは、理に適っているのですね。

まとめますと、
◎1・3塁手は左右3.1m
◎ショート・セカンドは左右8.4m
の範囲を守れば良いということになります。
ちなみに、ホームベースからの距離は、1・3塁手は23.2m、ショート・セカンドは、29.2mでした。

「逆シングルは無い。」という店長さんの理論が図を書くことでより理解できました。


実際には、守備位置はケースバイケースで変わりますし、守備範囲の横断もあると思います。
今回は、距離を知りたいなと思い数字を出してみましたので、ご了承ください。
また、ショート・セカンドは、ホームからセンターまでのライン上での距離で測定しなければいけないのかも知れませんが、今回はダイヤモンド内でやってみました。

ご参考になれば幸いです。

次回は、走塁のお話を。
posted by とんぼ at 14:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。